ガリーアカップ運営規約事項
第1条(名称) 第2条(理念及び目的) 第3条(組織)
第4条(期間) 第5条(チーム登録) 第6条(運営規約及びルール)
第7条(経理) 第8条(規約の改正) 第9条(登録抹消)
第10条(補則)

第1条(名称)
 このリーグの名称は、ガリーアカップと称す。
ガリーアカップとは、スポーツタウン メイセイ(株式会社メイセイ)に集う、
草サッカーチームのネットワークで構成されるカップ争奪戦の名称を指す。
(ガリーアとはイタリア語で "ゴリラ" の意)
第2条(理念及び目的)
 サッカーを通じて人間関係を広げ、サッカー競技の普及、技術の向上を
目的とする。
第3条(組織)
【1】このリーグの最高意思決定機関として、下記におけるチーム代表者会議
   を設置する。(代表者1名) 重要決定事項は、必ず代表者会議にて議決
   される。代表者会議は、必要に応じ会長の命により招集される。
  1.代表者会議により、賛同を得た議案は、その場で議決される。
  2.代表者会議に欠席した委員は、その日の議案に対する議決権を
   全権委任したものとみなす。
【2】リーグ運営上の実行委員会を、下記の様に設置する。(役員)
    会長1名、事務局2名、会計1名、企画3名、広報1名
【3】事務局は(株)メイセイ内に、ガリーアカップ実行委員会事務局として
   設置する。
諸規約メニューへもどる
第4条(期間)
 実行委員の任期期間は、原則として1年間とする。
第5条(チーム登録)
 チーム登録は下記の規約を満たし、代表者会議にて了承を得たチームが
登録出来る。
  1.原則的に自チームでグラウンド(浜松市内、ナイター設備有)を月2回
   以上確保出来ること。
  2.いずれのリーグにも属さない、純粋な草サッカーチームであること。
  3.フィールドプレイヤーのユニフォーム上下とストッキングが揃っていること。
   ユニフォームの右袖にガリーアワッペンが取り付けてあること。
  4.登録人数が16名以上いること。
  5.サッカーのジャッジが出来る人間が3名以上いること。(免許は必要ありません)
  6.ファクシミリでの連絡が可能であること。
  7.ラフなプレーをしない、紳士的なチームであること。
  8.登録選手の最低年齢が18歳以上であること。
   (但し18歳以上でも、高校生の登録は認めません)
  9.チーム内で、サッカーに携わる職業の人間がいる場合は、ガリーアカップ
   に参加出来るのは、2名までとする。
  10.スポーツ保険に加入していること。
第6条(運営規約及びルール)
 原則的には、日本サッカー協会のルールに従う。運営事項及びガリーアルールについては別途に定める。= ガリーアリーグ規約
諸規約メニューへもどる ▲Go to TOP
第7条(経理)
 リーグの費用は、次のものを以て充てる。
 1.加盟チームの負担金
 2.寄付金
 3.その他の収入
 会計係は、リーグ終了後直ちに決算報告書を作成し、ガリーアカップ実行委員会事務局を経由し、代表者会議に提出する。
第8条(規約の改正)
 規約の改正は、原則的には代表者会議の3分の2以上の賛成多数決にて改正される。但し、運営規約事項(細則)は、ガリーアカップ実行委員会で必要に応じて改良する事が出来る。
第9条(登録抹消)
 大会を通じて、『あまりにもマナーが悪い』 『選手の集まりが悪く、ゲームに悪影響を与える』 『グラウンドの利用モラルに欠ける』等の問題が出たチームに対しては、実行委員と代表者で構成する "諮問委員会"に懸け、同委員会は必要ならば脱会勧告を行い、登録を抹消する事が出来る。
第10条(補則)
 本規則は1996年3月1日から施行する。この規約に基づき、運営要項を定めて運営する。
諸規約メニューへもどる ▲Go to TOP

All rights reserved by Gorilla Cup